今年の夏も花火大会が開催されます!
夏祭りや花火大会と言えば浴衣を着たくなりますよね?

f:id:sleepytake:20170515113748j:plain

デートだったり、気になる相手と一緒に花火大会に行くなら
なおさら“可愛い”浴衣でおしゃれしたくなると思います。

でも、私は個人的に
『私みたいなぽっちゃり体型が浴衣を着ると…
よけいに太って見えて新弟子扱いを受けないか』心配になります。

浴衣でちょっとでも着やせして見える色や柄はないのか調べてみました。

 

ぽっちゃり女性が着やせして見える浴衣の色と柄

浴衣の色や柄でぽっちゃり体型(太っている)が
少しだけでも着やせできると嬉しくありませんか?

浴衣は色や柄が違うだけで印象がガラっと変わって見えます。
じっくりと自分に似合う浴衣を選びましょう!

 

着やせ効果がある浴衣の色

一般的にはぽっちゃりさんにおすすめの色は濃い色です。
白っぽい色や薄い色は膨張色なので太って見え、
濃い色は引き締まって見せてくれるからです。

でも、浴衣に限ってはそうとも言えません。

浴衣は帯との色の組み合わせで
浴衣を薄い色合いにして、帯に濃い色をもってくるだけでも全体的にグッと引き締まった印象にすることもできます。
また、暖色系より寒色系の浴衣にすることでスッキリとした印象にもなります。

 

浴衣を決める時には、必ず気になる色の浴衣と帯を鏡の前で自分にあてて吟味しまよう!

いろんな色のパターンを試すことでスッキリと着やせ効果があって、似合う浴衣を決める事ができます。

 

個人的には大人のぽっちゃり女性には、紺色の浴衣が落ち着いて色気が出やすのでおすすめです。

 

f:id:sleepytake:20170530143606j:plain

着やせ効果がある浴衣の柄

浴衣の柄で着やせ効果を狙う場合には、
縦のラインが強調される浴衣の柄がおすすめです。

 

例えば、縦縞(ストライプ)柄が代表的な柄です。
縦縞(ストライプ)柄は粋な女性といったイメージもあって素敵だと思います。

他にも古典柄の矢羽・格子柄なども縦のラインが強調される柄ですし、
モダン柄で斜めに柄が入っているような浴衣もスッキリとして見られます。

 

選ぶ時のポイント
  • 顔の1/3程度の大きさの柄
  • 大きすぎる柄は柄ばかり強調されてしまいますし、小さすぎ柄は太って見えます。
  • ストライプの幅
  • 幅の広さが一定の広さの縦縞(ストライプ)より、ランダムな大きさの柄がスッキリとした印象になります。
  • 無地の部分が多い
  • 全身柄が散りばめられた浴衣よりも、柄の中にも無地の部分が多めの浴衣の方がメリハリがつくのでおすすめです。


浴衣の色や柄を選ぶ時には、実際に鏡の前で浴衣と帯を組み合わせて自分にあてながら選ぶようにしましょう。


もし、ネット通販で購入する場合でも自分に似合っていてスッキリと見える浴衣と帯の組み合わせを選べますよ。

楽しく着やせして見える浴衣を選んで花火大会や夏祭りで楽しい思い出をたくさん作ってくださいね。